「はかる」ということ ~ 直接比較 ⇒ 間接比較 ⇒ 任意単位 ⇒ 普遍単位

ワークスタイル, チーム開発

この記事の所要時間: 3

はじめに

見積もりの話など、ソフトウェア開発では、「はかる」ことが求められることが多いですね。過去に特製ノベルティ (※非売品) のプランニングポーカーをお配りしているとだいたい、「これ何に使うんですか?」、「どう使うんですか?」、「何がおいしいんですか?」という質問に至ります。これはいいことで、このノベルティはお飾りではないので、現場で使ってもらわないと困るのです。

だから聞いてくれるということはとっても嬉しいことです。お飾りにしてしまっている多くの方々は、勉強でもなんでもいいので、開封してまず使ってくださいね。使わないなら返してくださいw (冗談)

 

はかるということ

話を戻しますが、「はかる」ことについて、先日、とある小学校の体験授業で原点に立ち返ることができました。元々、この考え方は、理解していたつもりですが、改めて初等教育として聞けたのが大きかったです。

「はかる」に至った経緯ともいえるべき順序があります。それが、

直接比較 ⇒ 間接比較 ⇒ 任意単位 ⇒ 普遍単位

です。

「はかる」とは、「比べること」から来ているわけですね。量の理論です。

 

直接比較

まず、どのくらいかわからないなら、直接比較してみます。たとえば、2つの棒の長さとかですね。直接並べてみればどちらが長いのかわかります。杉本さんと窪田さんのどっちの背が高いかと。これが直接比較ですね。

 

間接比較

では、直接比べられないものだったらどうでしょうか?「あっちのポールと、向こうのポール」とか、移動して持って来たりできないものですね。そこで、でてくるのが、媒介となるものを使う方法です。ポールAとポールBの長さを比べれらないので、たとえば紐を用意します。この紐は、ポールAと同じ長さか、それより少し短いとしましょう。この紐をポールBまで持っていき、直接比較してみると、紐より、ポールBが長いならば、ポールA ≦ 紐 < ポールB となり、ポールAとBの長さが比べられます。これが、間接比較ですね。直接比較できないので、媒介を使って直接比較して、間接的に把握してしまうわけです。

 

任意単位

このときに、間接比較した「紐の長さ」は、単位のはじまりになります。この紐をHという単位だとすると、紐がいくつ分なのかで、3H とか、10Hとか長さや高さを示すことができるようになります。これが任意単位ですね。単位を作ってしまおうということです。

これでだいぶ「はかり」やすくなりました。いい感じですね。でも問題があります。この紐、必ずしも同じ長さのものを持っているとは限りません。

 

普遍単位

「私の紐」と「あなたの紐」の長さが(同じだと思っていたのに)違っていたら・・・はかれたとは決して言えませんよね?なので、共通の単位が必要になります。それが、普遍単位ですね。cm とか、kg とか、人月(?)とか、工数(?)とかですね。

 

意味のある単位、意図した単位を使うこなすということ

さてさて、「はかる」については、こういった順序で覚えていくことになります。いきなり単位を覚えるのは得策ではありません。

ソフトウェアの開発における「はかる」も同じですよね?(以下、省略)

前例がなかなかないものをいっしょくたにして同じ尺度ではかるのはかえってことを難しくすることもありますよね。

 

アジャイル, 改善, 現場