アトラシアン、Atlassian Stack を発表。調達と現場の負担を軽減

チーム開発

この記事の所要時間: 6

はじめに

アトラシアンは、チーム開発や DevOps の基盤となるツールチェーンを実現する製品群を調達しやすくする中期のから大規模で有効なオファリングである Atlassian Stack を発表した。

Atlassian Stack の正確な情報や詳細は、以下を参照するとよいだろう:

 

Atlassian Stack の特徴

オファリングの特徴は、自社内に開発基盤を構築したい企業に対して、それぞれの製品を最適に使えるエディションの組み合わせ構成をバンドルして調達可能にしているところだ。これらはすべてオンプレミス環境で稼働する Data Center 版、Server 版のセットの構成となっている。

Atlassian Stack の製品構成
Atlassian Stack の製品構成

アトラシアンでは、SaaS 型の Cloud 版もほとんどの製品で提供しているが、それらは対象とならない。

高可用性に対応した Data Center 版を有するプロジェクト運営の製品構成である JIRA Software、Git のエンタープライズリポジトリでコーディングのワークフローを形成する Bitbucket、カスタマーインシデントやエンジニア以外の関係者とエンジニアを結ぶセルフサービスモデルを実現する JIRA Service Desk、企画などのドキュメントの共有、企画や運用、ビジネスパーソンとエンジニアを結び、集合知を集約できる Confluence は、より多くの人数にも対応できる。

ビジネスユースでのワークフローや承認フローに使える JIRA Core、リアルタイムコミュニケーションや ChatOps で使える HipChat、旧来から、好評のバージョン管理ツールを包含して管理でき、コードレビューにも対応する FishEye と Crucible、そして、継続的インテグレーションと自動デプロイメントの Bamboo、ID集中管理、SSO のための Crowd は、Server 版。

また、事業計画や複数チームや大きなプロダクトの計画と実情のコントロールが行える Portfolio for JIRA をはじめとした、Atlassian が提供している JIRA と Confluence のアドオン製品も提供される。その他、プレミアサポートもついている形式だ。

 

Atlassian Stack の考察

これらを単体製品として調達すると、購入時期やライセンス管理などで調達担当の手間がどうしても増加してしまう。

また、Atlassian の製品は、ボトムアップで導入されるケースが多いが、その実績から、最初からトップダウンで Data Center 版を導入し、各プロダクトやチームの負担を軽減する動きもでていることから、それを加速する意味でも、Atlassian Stack のニーズが多くの、それに応えたということだろう。

なお、Atlassian Stack は、年間サブスクリプションで提供され、ユーザー数は、1,000名からとなる。また、各製品は、1インスタンスの構築が対象となる。