この記事の所要時間: 2

Backlog とは

Backlog とは、ヌーラボ社が開発・提供しているプロジェクト管理ツールです。ソフトウェア開発だけではなく、業種問わず活用されているのが特長です。なんといっても直感でわかるエンジニアでなくてもとっつきやすいユーザーインターフェイスがよいです。

Backlog は、プロジェクト管理、課題管理だけだと思われがちですが、それだけではなく、Wiki によるナレッジ共有やファイル管理、そして、バージョン管理として、Git, Subversion との連携も備えているオールインワンの「チームではたらく、すべての人に」不可欠なツールです。

Backlog の始め方

Backlog を始めるには、backlogのサイトにアクセスしてみてください。わかりやすくナビゲートしてくれているのですぐに始めることができます。

Backlog のお値段

料金についても明朗に表現されています。ぜひ確認してみましょう。

サイトに見積もり機能があるのでそれでどれくらいの費用になるのかもわかって便利です。

すべてのプランを30日間無料で試すことができるので、始めからそこそこの規模で試してみる場合は、プランを決めてトライアルをしてみるとよいでしょう。

うれしいことに!1プロジェクト10人までは、[フリープラン]があります!まずはパイロットプロジェクトでやってみようとか、個人的に試してみてチームに、組織に展開しようという場合はこちらが活用できそうです。

フリープランではじめるには

[フリープラン]ではじめるには、先に紹介したBacklogの価格ページの[プリープランはこちら]ボタンをクリックします。プラン表の右下にひっそりとありますね。

フリープランのサインアップ画面

フリープランのサインアップ画面

スペースIDが、一意にきまるIDですね。サブドメインとして使われますので、慎重に決めましょう。[無料で試してみる]ボタンをクリックしたらサインアップ完了です(※利用規約とプライバシーポリシーは読みましょうね)。

「ヌーラボアカウント」を作成していない場合は、作成します。

すると、Backlogにアクセスできるようになります。

Backlogのダッシュボード初期画面

Backlogのダッシュボード初期画面

 

プロジェクトを作ろう

プロジェクトを作るには、ダッシューボードの[プロジェクトの追加]を行います。

ここからプロジェクトを追加できる

ここからプロジェクトを追加できる

[追加する]ボタンをクリックします。

プロジェクト作成画面

プロジェクト作成画面

項目が不明な場合は、ヘルプをみるとすぐに理解できます。[登録]ボタンをクリックするとプロジェクトが作成されます。

作成されたプロジェクトの基本設定画面

作成されたプロジェクトの基本設定画面

 

プロジェクトを作るまで2分足らず

みていただいたように Backlog をはじめてみるのはとても簡単だ。

ただ、先々のことを考えてスペースの名前(=サブドメイン名)は慎重にw

はじめての Backlog インデックスページ