この記事の所要時間: 5

はじめに

Backlog でプロジェクト管理するならば、ソースコードなどの成果物は、Git/Subversion で管理して、連携させておきたいものです。今回は、Git 連携をさせる設定をみていきます。特に、Backlog での Remote Git リポジトリの設定を中心にみていくのが今回です。

Backlog での Git リポジトリ

ご存知の通り、Git は分散バージョン管理システム (DVCS) ですので、リポジトリをいくつでも分散することが可能です。

とはいえ、すべてが分散していると収集がつかなくなるので、一般的には、以下のように呼んで区別をしていることが多いです。

  • ローカルリポジトリ: 開発者などが自分の作業を行うためのリポジトリで、自分のローカルマシン上にある Git リポジトリをさします。
  • リモートリポジトリ: 開発者などが各自で行った作業の成果を集約しておくリポジトリで、GitHub などのサービスを利用することが多いです。

Backlog では、この Git リモートリポジトリに該当するものを Backlog の設定から作成することができます。

Git リポジトリを作成しよう

Git リモートリポジトリを作成するには、[プロジェクト設定]メニューの[Git]をクリックします。すると以下のように聞いてきます。

このプロジェクトでGitを使うか問い合わせされる

このプロジェクトでGitを使うか問い合わせされる

[このプロジェクトで Git を使う]ボタンをクリックするとGitリポジトリが作成されます。

Git リポジトリが作成された

Git リポジトリが作成された

設定したのはリポジトリ名とその説明だけです。

ちなみに、プロジェクトには複数の Git リポジトリを追加することが可能です。

もうこれでこのプロジェクトで Git を使ったバージョン管理と連携ができるようになりました。というのは、既定で Git コミットと課題を連携する設定がなされているからです。git commit の コミットメッセージに、課題キー(例: RIDER-1)を含めると Backlog がその Git コミットは、その課題キーと関連があると認識してくれます。

プロジェクトで利用できる

もうこの時点でこの Git リモートリポジトリを開発などの作業で利用することができます。設定開始から1分かからずに使えるようになります。

操作は、[Git]メニューで行えますし、状況も確認できます。この例では、リポジトリが作成され、さらにブランチ master が作成され、さらに RIDER-1 という課題と関連づけられたことがわかりますね。ちなみに、master ブランチの作成などは、ローカルリポジトリで操作しています。それを git commitgit push でローカルリポジトリでの変更を Backlog 上のリモートリポジトリに反映させています。なので、git push をした時点で Backlog の内容も更新がされます。

Git の履歴が手に取るようにわかる

Backlog の優れたユーザーインターフェイスと Git 機能連携により、あなたは、課題と Git の履歴を自在に把握できるようになります。ここではそのほんの一例をご覧いただきましょう。

ツリーのノードにマウスオーバーすると、関連している課題の情報を得ることができることはご覧いただけるでしょう。

コミット履歴

コミット履歴

コミット履歴をブランチごとにみることができますが、コミットメッセージに課題キーが含まれていれば、課題キー部分が課題へのハイパーリンクになります。

課題からもコミットを把握

課題からもコミットを把握

課題からもどのブランチのどのコミットがこの課題に関連しているのかが一目瞭然になります。

まとめ

このように Backlog はプロジェクト管理、課題管理だけではないことがわかると思います。みなさんが「あのツールとこのツールを組み合わせて連携させて、、、」とか「あれ?あっちのチームのリポジトリは違うサービス使っているの???え?使い勝手が違くって、、、」なんてことが起こらなくなりますね。

はじめての Backlog インデックスページ