この記事の所要時間: 5

ここまでの「はじめてのBacklog」

Backlog の始め方からカスタマイズ、そして一足飛びで Backlog の Git 機能の設定や使い方、Git クライアントツールからのアクセスと活用の仕方を紹介してきました。

詳しくは、以下でご覧いただけます。

はじめてのBacklog インデックス

 

iPhone ブラウザで操作

Backlog は、iPhone からも Safari や Chrome でアクセスできます。ただし、フルブラウザと同様の画面なため、タッチ操作ではいささか扱いづらく感じることもあります。ただし、フル機能にアクセスできるのはとてもよいです。

私は、縦では操作が厳しいので、横にして操作したりします。特に課題の詳細や Git 関連の操作や確認が便利です。

iPhone ブラウザで課題一覧を表示

iPhone ブラウザで課題一覧を表示

 

iPhone ブラウザで Git コミットツリーを表示

iPhone ブラウザで Git コミットツリーを表示

 

iPhone アプリで操作

Backlog はスマホ向けのアプリを提供してくれています。これを使うことで、よく使う操作を iPhone からサクサクっと行うことができるようになります。

アプリはこちら

App Store で見つける

App Store で検索でもすぐに見つかる

App Store の検索でもすぐに見つけ出すことができるはずです。

 

 

 

 

 

 

アプリを起動してログインする

Backlog にログインする

Backlog にログインする

 

もちろん、2段階認証にも対応している

もちろん、2段階認証にも対応している

 

プッシュ通知も

プッシュ通知も

 

できること一覧

Backlogの大部分の機能にアクセスできる

Backlogの大部分の機能にアクセスできる

簡単に言うと、アクセスできるのは、閲覧と簡易的な編集だと思っていいです。スマホからサクサクっと行いたいことはだいたいできると思っていいです。

課題管理

また、課題については、やはり一番よく使うため、左下に[自分の課題]という形で即アクセスできるようになっています。ここをタップすれば、自分が担当している課題と自分が起票した課題にアクセスできます。

自分が担当している課題の一覧

自分が担当している課題の一覧

 

自分が登録した課題の一覧

自分が登録した課題の一覧

 

課題の詳細を閲覧

課題の詳細を閲覧

 

課題のコメントを閲覧&追加

課題のコメントを閲覧&追加

 

課題の各項目を編集

課題の各項目を編集

 

課題の状態を変更

課題の状態を変更

 

Git

Git に関しては、プルリクエストの閲覧が行えます。

プルリクの一覧

プルリクの一覧

 

プルリクの詳細

プルリクの詳細

 

Wiki

Wikiの閲覧

Wikiの閲覧

 

Wiki の編集

Wiki の編集

 

 

最近の更新

最近の更新をサクサクっと確認したいなんてうれしいニーズにも対応してくれています。

最近の更新

最近の更新