【プレゼン講座】 図形の合成を活用せよ – Keynote 編

プレゼンプレゼン, Keynote

この記事は、1年以上前に書かれたもので、情報が古い場合があります。

この記事の所要時間: 4

Keynote で直感と説得力を増す方法


Keynote は、実に奥が深いです。単純な機能でも組み合わせや使うタイミングによってプレゼンテーションを格段によいもの(=納得力のあるもの、正しく直感的に理解させるもの)に仕上げることができます。

普通に Keynote 使ってプレゼンしているだけってことありませんかKeynote 使ってプレゼンしているだけってことありませんか?文字を箇条書きしているだけとか。私のプレゼンでは、直感的にわかる表現や、アイコンを多用しています。よくこれらについて質問を受けます。

あれだけの表現をすると色の変更や線の表現、印刷用の白黒表現とかケアが大変ではないか、あのアイコンみたいなのは、どうやって作っているのか?デザイナーに依頼しているのか?と聞かれるわけです。
私のプレゼンで使われている表現はほぼ自作です(すべて自作ではないですが)。しかもそんなに手間をかけていません(といってもいろいろとコツはあります。コツは記事後部のプレゼン道場 記事一覧からアクセスください)。

なお、PowerPoint でのやり方についてはこちらをご覧ください。

 

[プレゼン道場] 図形の合成を活用せよ – Keynote 編

この記事は6ヶ月以上前に書かれたもので、情報が古い場合があります。

この記事の所要時間:1 分

Keynote で直感と説得力を増す方法

Keynote は、実に奥が深いです。単純な機能でも組み合わせや使うタイミングによってプレゼンテーションを格段によいもの(=納得力のあるもの、正しく直感的に理解させるもの)に仕上げることができます。

普通に Keynote 使ってプレゼンしているだけってことありませんかKeynote 使ってプレゼンしているだけってことありませんか?文字を箇条書きしているだけとか。私のプレゼンでは、直感的にわかる表現や、アイコンを多用しています。よくこれらについて質問を受けます。

あれだけの表現をすると色の変更や線の表現、印刷用の白黒表現とかケアが大変ではないか、あのアイコンみたいなのは、どうやって作っているのか?デザイナーに依頼しているのか?と聞かれるわけです。
私のプレゼンで使われている表現はほぼ自作です(すべて自作ではないですが)。しかもそんなに手間をかけていません(といってもいろいろとコツはあります。コツは記事後部のプレゼン道場 記事一覧からアクセスください)。

なお、PowerPoint でのやり方についてはこちらをご覧ください。

7a3e9414cc5384d117f59bc87be65ab2 [プレゼン道場] 図形の合成を活用せよ – Keynote 編[プレゼン道場] 図形の合成を活用せよ – PowerPoint 編

https://www.evangelism.jp/articles/powerpoint-presentation-tips-01/
PowerPoint で直感と説得力を増す方法はじめに、パワポこと、PowerPoint は、実に奥が深いです。単純な機能でも組み合わせや使うタイミングによってプレゼンテーションを格段によいもの(=納得力のあるもの、正しく直感的に理解させるもの)に仕上げることができま…
cropped-evangelism.jp_fav [プレゼン道場] 図形の合成を活用せよ – Keynote 編 エバンジェリズムブログ

 

Keynote でアイコンやインフォグラフを作成

この「ドア」を図形の合成で作ってみることにしましょうか。ここで使う図形は、「四角形」と「円」そして「三角形」です。想像できますねw そうです、図形の合成で作成する図は、図形を活用しているのであらかた想像がつきます。

あえて、塗りつぶし色分けしてを透過にしてみました。これだと各パーツがどう配置されているかわかりますよね?

あとは、以下のように図形の結合減算を駆使します(Keynote での設定方法とやり方は後述します)。

まず、緑色の「四角形」から、茶褐色の「三角形」2つをを減算します。さらにその図形から「円」を同じく、減算します。

そして、後ろの2つの重なりあった少しだけ大きさの異なる「四角形」も、外側のものから内側のものを減算すると、以下のようになります。

最後にこれを結合すると以下になります。

ということで、「ドア」が作成できました。簡単ですね。

完成です。これがひとつの図形です。したがって、こんなことができてしまいます。

エフェクトも利かせられますので、反射や、3D、影も自在です。これを白塗りにして、背景に四角形を青塗で配置すれば、上記のドアが完成するということになります。

なお、これらの図形は、フリー素材として公開しています。必要に応じて活用してください。

 

図形の合成

これらをやりたい場合は、「図形の合成」を覚えましょう。Keynote 6.5.3 でのやり方でご紹介します。

この機能自体は、Keynote に標準搭載されています。図形を複数選択した状態で、

「フォーマット」の「配置」を見てみましょう。一番したに、

というのが出現するはずです。

これで、先述した減算結合ができるわけです。

 

まとめ

この方法を使うことで、より表現力の高い図形をつくりだし、活用できるようになります。ちなみに、これらは図形にしか適用できません。また、図形にテキストを入力していたり、事前にグループ化してしまっている図形は合成できませんのでご注意ください。

 

プレゼンプレゼン, Keynote