この記事の所要時間: 8

※ ここに書いてあることの根拠は未検証です。内容、実施ともに自己責任でお願いします。

※ この記事は自分用の備忘録です。

マシン

私のマシンは、以下のものです。

  • MacBook Pro (2017) 15 inch. Touch Bar Model
  • OS: High Sierra, Mojave

現象

この現象には、2回陥っています。いずれも、MacOS をアップデートした直から発生していました。1回目は High Sierra のマイナーバージョンアップのときです。2回目は、High Sierra から Mojave にバージョンアップしたときです。

いずれのときも同じ現象になりました。現象とは、MacBook Pro をスリープ状態にした際に起こります。私は普段、スリープ状態(蓋をした状態)でカバンに入れて持ち歩いています。いつもならば、そのまま持ち運び、仕事するときに開くといったスタイルで問題ありません。

しかし、この現象がおきてしまうと、熱を帯びる。バッテリーが激減している。といった症状に陥ります。

そもそも背中に背負っているので、とても背中が熱いです(いずれのときも真夏でなくってよかった)。そして、2時間持ち運べばバッテリーは半減です。夜に寝るときもスリープ状態にしておいておきますが、朝起きたらバッテリーは空です。

このままでは毎回「システム終了」しないといけないので困っていました。

やってみたこと

当然、現象と対処方法を調べています。

  • SMC リセット
  • PRAM リセット
  • システム環境設定で、「Wi-Fiネットワークアクセスによるスリープ解除」や「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」のOFFの確認

でも改善の兆しはありませんでした。

ターミナルを起動して pmset -g で各種設定を確認することはもちろんやりました。

あ、Mojave で設定が増えている!

ログを確認するしかないかなと思い、pmset -g log | grep ' Wake ' で、コンピュータが起きてしまった理由を探ります。10秒単位で目覚めています(ぉぃ!!!)。

 

効果があったこと

ぶっちゃけもうなんだかわからないので、最悪のケース(OSのクリーンインストール)を覚悟の上で、暴挙にでてみました。

ioreg -l | grep board-id でボードのIDを探します。これをメモしておき、/System/Library/Extensions/IOPlatformPluginFamily.kext/Contents/PlugIns/X86PlatformPlugin.kext//Contents/Resources/ にある該当ボードIDのファイルを探し出します。

設定内容を変更するならば、このファイルを編集するのですが、それもやらずに、

sudo mv Mac-ここにボードID.plist Mac-ここにボードID.plist.bak

で消します(消す勇気はなかったので、リネームw)。

これでOSを再起動しました。

これで現象は起きなくなりました。

現象が起きていた時と、改善されたときでの違い

冷静になって見比べてみると、システム環境設定で明らかな違いがあることがわかりました。

現象が起きていた際の「省電力」の設定画面

現象が起きていた際の「省電力」の設定画面

 

この画面ショットは別の機会に撮っていたもので今回の問題を明確に示すものではありませんが、スリープについての設定がないのが特徴です。

これに対して、現象が解決した際の「省電力」の設定画面は以下になりました。

現象が解決した際の「省電力」の設定画面

現象が解決した際の「省電力」の設定画面

 

最後に

この記事はあくまで私のメモです。この方法について調査などを行ったわけではありません。もし実施したいと思った方は自己責任で行ってください。私は一切の責任を負いかねます。