この記事の所要時間: 7

書籍を執筆しました

昨年に執筆をしていた書籍『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンテーションテクニック』(ラトルズ)が出版されました。実は私にとっては単書は、「初」となります!わーい。

アマゾンでの詳細情報とご購入はこちらから:

電子書籍

Kindleをはじめとした電子書籍も販売開始したようです!

読者様のレビュー

読者様からの書籍レビュー・書評をこちらにリンクをさせていただきます。もし「読んだよ!」「書いたよ!」という方はぜひご連絡くださいませ。

 

先行販売とPOP

出版は、2018年3月26日です。すでに紀伊国屋書店 新宿本店さんなどでは先行販売されているようです。

※ 紀伊國屋書店 新宿本店様には、先日ご挨拶に伺いました。お手製のPOPをお渡しし、展示いただけるとのことでした。書籍の置いてある場所も、入り口に近く平置きいただいておりました。どんなPOPかはぜひ紀伊國屋書店様に行ってみてください(そしてよろしければ買ってくださいw)。本書を置いてくださっている書店様にはできるかぎりご挨拶に伺えればと思っています。また「来いよ!」という書店様はぜひご連絡ください。首都圏でしたら必ず伺います!

書泉ブックタワー様

書泉ブックタワー様

ご挨拶させていただきました!

なお、秋葉原ではヨドバシカメラ様でも大きく展開いただいておりました!

経緯と内容、そして対象者

本書の執筆経緯は、ズバリ、このブログです。Keynoteだけでなく、PowerPointだけでもなく、プレゼンテーションについていろいろと記事を書いてきましたが、それらがきっかけで執筆オファーをいただきました

プレゼンの記事については、プレゼンカテゴリーから見ることができます。

このブログでもおなじみの 図形の合成 についても本書ではしっかりと紹介しています。また、Keynote と PowerPoint についての相違やコツ、注意点なども触れています。そして、プレゼンの見せ方やプレゼンの姿勢、作るときのコツ、考え方、構成の仕方などについても紹介をしています。このブログに散りばめられた記事たちにも載っているものもありますが、載っていないものもあります。

目次はこのようになっています。なんと!特典として掲載しきれなかったコンテンツPDFつきです!(書籍を買っていただいた方にのみアクセスいただける特典です)

特に、PowerPoint との住み分け、移行や注意点については詳しく解説しておきました。

書店でみつける際は、表紙と背表紙がこんな感じですので、見つけてくださいね!

特にプレゼンの初心者、自信をどうしても持てない方、Keynoteが馴染めない方、Keynoteをもっと使いこなしたい方を思い描きながら書きましたのでそういう方に手に取っていただきたいです。そしてよろしければ、書評や忌憚のないフィードバックをいただければうれしいです。

関連コンテンツ

この書籍に合わせて、いくつかの企画を実施してきました。それらは概ね以下になります。

スクーでの生放送(全3回)

すでにこのブログでもお知らせ済みですが、スクーの授業で『Keynoteで魅せる「伝わる」プレゼンてく』というほぼ書籍のタイトルのままなコースを担当しました。ここでは、書籍の内容の一部を用いて(それ以外の内容も入ってますw)プレゼンとKeynoteについて触れています。

スクーでプレゼンテーションの生放送を担当してきました

スクーで録画放送をみることができますので、書籍を傍にぜひご覧ください(※録画はスクー会員になる必要があります)。

書籍の作り方を講演

今回の書籍は、手間とコストを最小限にして効果を最大にするための工夫をして執筆していました。それらについて講演をしていました。

TrelloBitbucketで書籍をかいてみた」発表資料公開

書籍の構成をTrelloで行い、実際の執筆は Markdown で行い、バージョン管理と共有、レビューは Git を使いブランチとプルリクエストを活用するといったやり方です。

オンラインでの購入はこちらから