【スクー】チーム開発入門を終えて

チーム開発アジャイル, DevOps, スクー, イベント, 改善, 現場, ツール

この記事の所要時間: 2

スクー

スクーでは、今までもたくさんの授業を担当させていただきました。「開発プロセス入門」「はじめてのバージョン管理」「はじめてのスクラムマスター」「いっしょに考えるこれからのプロジェクトマネジメント」そして、「チーム開発入門」と担当させていただきました。

声をかけていただいてからたくさんの授業に関わらせていただき、多くの方に生放送、録画放送とみていただけたと思うととても充実した日々だったと思います。

無料の生放送は終了しましたので、気になる方は、ぜひ録画放送でみていただければと思います。

毎回の授業で、MC (受講生代表) をしてくださった素敵な方々と記念撮影もさせていただきました。安心して授業できるのは MC のみなさん、スタッフのみなさんのおかげです。羨ましがられますが、役得ですので、許してくださいw

ご一緒させていただいた MC のみなさん、ありがとうございました
ご一緒させていただいた MC のみなさん、ありがとうございました

田原彩香さん、徳田葵さん、江川みどりさん、大木しのぶさん、ありがとうございました!

 

チーム開発入門

チーム開発入門の授業では、抽象的な内容から「あ・え・て」スタートするように構成しました。

まずは、チーム開発でいうところのチームについてです。これについては、別記事として書きましたのでそちらをご覧いただければと思います。

大人数の開発とチーム開発は違うということだけでも抑えておいてください。

第2回から第4回は、チーム開発で必要となる要素として、

  • 価値の流れ
  • 単一情報源
  • 透明性

について解説しました。

第5回では、それまでの内容を踏まえて、それらを実現するための道具としてのプラクティスとツールについて解説しました。

プラクティスへの憧れや盲信、ツールへの変な期待、ツールに振り回される現場にならないためのポイントをお伝えしたつもりです。

気になる方は、ぜひ録画放送をみていただければと思います。

うれしいことに、その時点での「受けたい授業」のトップ10入り、満足度もとても高かったと連絡をいただきました。特に「受けたい授業」はすごいことだと思っています。

スクーでは、ソフトウェア開発に関連した授業ももちろんたくさんありますが、それ以上にバラエティに富んだ魅力的な授業がたくさんあります。「色」についての授業や「マーケティング」「写真撮影」などなどです。

スクーは、本当に価値のある授業がたくさんありますので、まずは、無料で配信してくれている生放送をご覧いただくことを強くおすすめします。その上で、会員になったり、マスタープランに申し込んだりを検討するといいと思います。

 

安定と安心、癒しの MC の方々

今回も魅力的な MC (受講生代表) の方々とご一緒させていただきました。MC の方々だけではなく、スクーのスタッフの方々には本当にお世話になりました。

第1回と最終回 (第5回) は、「阿吽の呼吸」でやりとりさせていただいたタレントの田原彩香さんとご一緒させていただきました。第2回から第4回は、いつも笑顔で、うまくノせてくれる徳田葵さんとご一緒させていただきました。

実は、毎回リハーサルがあり、1時間前にはスタジオ入りをするのですが、リハーサルはさくっと終わらせ(たくさん担当させていただいたので、徐々にリハの時間が短くて済むようになるんです)、写真撮影や、趣味の話などいろいろとお話しをさせていただく時間があるのです。

田原さん、徳田さんともに変身ポーズで撮影したり、徳田さんには持参した大人用のライダーベルトをつけていただいたり、授業もさることながら MC のみなさん、スタッフのみなさんと過ごす時間もプライスレスなんです。ぜひ、みなさんも機会があったら「先生」をやってみてください。

第1回 田原さんと W の変身ポーズにて
第1回 田原さんと W の変身ポーズにて

 

第2回 徳田さんとタイトルスライドと一緒に
第2回 徳田さんとタイトルスライドと一緒に

 

第3回 徳田さんとアイアンマン(結果論)のポーズ
第3回 徳田さんとアイアンマン(結果論)のポーズ

 

第4回 徳田さんと「さぁ、お前の罪を数えろ」
第4回 徳田さんと「さぁ、お前の罪を数えろ」

ちなみに、徳田さんの変身写真は非公開ですw

第5回 田原さんと
第5回 田原さんと

最終回を記念したショットも。

最終回を惜しんで泣いているところ
最終回を惜しんで泣いているところ