長沢智治について

お知らせ

この記事の所要時間: 5

自己紹介

ソフトウェアエンジニアリングと業務改善の専門家。エバンジェリスト。パワポ職人。Scrum Alliance 認定スクラムマスター (SCM) 。

所属は、Atlassian (NASDAQ: $TEAM) の Senior Evangelist (アトラシアン株式会社の正社員)。

エバンジェリストとして、所属のミッションを遂行しつつ、人が推進する独自路線で、業界貢献駆動でビジネスモデルを強固なものにするアプローチを実践しています。

 

実績・業界貢献

DevOps Days Tokyo 2017, Regional Scrum Gathering Tokyo 2017, JaSST’16 Niigata などでの基調講演を担当。

Developers Summit (通称 デブサミ) ベストスピーカー特別賞 (2012年) をはじめ、Developers Summit 7年連続スピーカー、冬、夏、関西合わせて 10回以上の講演実績を持つ。

そのほか、日経BP主催の X-over Development Conference (X-Dev) をはじめとしたイベントでの講演多数で、多くのイベントで満足度の高いセッションを提供してきている。

その他、企業内イベントでの講演やパネルディスカッション、社内勉強会での講演、コミュニティイベントでの講演など幅広い実績を持つ。

2016年より、オンライン学習大手のスクー (Schoo) で講師も担当している。

また、書籍として、監訳をはじめ、共著を手がけている。

主な書籍:

 

略歴

大学卒業後、大手情報通信会社にてソフトウェア開発のライフサイクル全般に従事。その後、開発する側から開発現場を支援する側にまわり、日本ラショナルソフトウェア、日本アイ・ビー・エム、ボーランドで開発プロセス改善、業務改善についてのプリンシパル コンサルタント、ソリューション アーキテクトとして従事。

2007年より、マイクロソフト(現 日本マイクロソフト)のエバンジェリストに就任。2014年よりアトラシアンのシニア エバンジェリストに就任。

  • 1996.04 – 2000.04: インテック
  • 2000.05 – 2003.05: 日本ラショナルソフトウェア
  • 2003.06 – 2004.12: 日本アイ・ビー・エム
  • 2005.01 – 2006.12: ボーランド
  • 2007.01 – 2013,12: 日本マイクロソフト
  • 2014.01 – 現在         アトラシアン

 

 コンタクト ポリシー

長沢智治へのコンタクトはあらゆる方法でお受けしています。

どの方法を取っていただいても対応に差はありません。また事項の挨拶や建前などは一切不要です。用件のみで構いません。

まずは、お気軽にご連絡ください。こちらもカジュアルにお応えいたします。無償で出張講演、現場訪問も実施しています。

 

情報発信ポリシー

本ブログ内の発信・コメントは、長沢智治・個人の意見であり、所属する団体などの公式な見解ではありません。予めご了承ください。また、発信・コメントは、その当時のものであり、将来に渡って保証するものではありません。

ご不明な点やフィードバックは、上記連絡手段にていつでも受け付けています。お気軽に、忌憚のないご意見をお待ちしております。